ピロリ菌のことをもっと知ろう!

ピロリ菌感染で起こる症状

ピロリ菌感染で起こる症状 ピロリ菌は私たちの胃の粘膜に定着する細菌のひとつで、ねじられたらせん菌の形状をしていて4ミクロンほどの長さがあるとされているものです。
感染経路はとしては経口感染だとされていて、飲み水や食べ物を通じて体内に取り入れてしまうことが感染原因で、ピロリ菌には多くの場合が子供の頃に感染してしまうとされ、一度感染してしまうとそのまま胃の中に定着してしまいます。
そして感染して定着させてしまうと、徐々に炎症を引き起こしてしまうのですが感染初期の段階ではなんの症状も起こらないことが多いです。
そして大人になってから激しい胃の痛みなどの症状が起こるようになり、ピロリ菌の感染期間が長くなってくると胃の出口から胃の入り口に感染範囲が広がっていくため、慢性胃炎が進行してしまいます。
この慢性胃炎の進行によって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎などと言った症状を引き起こしたり胃がんの発生の原因となったり、全身的な病気の引き金となってしまうこともあります。

ピロリ菌と胃がんの関連性を知っておこう。

ピロリ菌に長期的に感染をしていると、慢性胃炎を起こしやすくなり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化器系の病気に罹りやすくなります。
ピロリ菌に感染をしていると、胃の粘膜が薄くなってしまい、萎縮が起こってしまうので、日本人に多い胃がんを発病しやすくなります。
胃腸科の専門の病院に通院をすると、ピロリ菌感染の検査を行ってくれますし、感染している場合は、除菌治療も受けられるので、医師に相談してみると良いでしょう。
胃のもたれや痛み、吐き気、げっぷなどの不快な症状で悩んでいる人は、早めに胃腸科の専門の病院で、胃カメラなどの内視鏡による精密検査を受けるようにして下さい。胃がんは早期に発見をすると、治癒する可能性の高い病気なので、定期的にがん検診を受けるようにしましょう。
ピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの消化器系の病気の原因のひとつになっています。
除菌による治療を受けることで、胃がんのリスクを抑える働きがあります。

ページの先頭へ