ピロリ菌のことをもっと知ろう!

ピロリ菌はどうやって体に侵入する?

ピロリ菌はどうやって体に侵入する? ピロリ菌は胃がんの原因にもなります。
どの様に体に侵入してくるのでしょうか。
まだはっきりとした感染経路は分かっていません。
しかし、口から侵入する確率が高い事は分かってきています。
それでは、異性とキスをするだけでもうつってしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。
しかし大人は容易には感染しない事が分かってきています。
感染する確率が高いのは、幼児期です。
幼時は、まだ胃の酸性が弱いのでピロリ菌が口から入ると死なずに生き延びてしまう為です。
ピロリ菌が幼児の体内に入ってしまう原因として、食べ物を親などから口移しで与える事です。
親が気を付けていても、おじいちゃんやおばあちゃんが行ってしまう事もありますので注意が必要です。
最近では、病院でピロリ菌がいるかどうかの検査をする事が出来ます。
菌が見つかった場合は、薬を飲んで除菌する事が出来ます。
除菌をしておけば、がんなどのリスクが下がりますのでお勧めです。

ピロリ菌の感染は予防できる?

ピロリ菌の感染は予防する事が出来ます。
対策としてはまず、キッチンを清潔にする事が挙げられます。
常にキッチンは清潔に保ち、ゴキブリなどが出ないよう、しっかりと駆除しましょう。
また、日本の水道水からはピロリ菌は検出されていませんが、海外となると話は別です。
そこで、海外旅行の際に現地の水道水を飲む事は、控えましょう。
現地の水道水を飲まなくとも、飲料用の水が売られているはずなので、その水を購入して飲むようにしましょう。
なお、日本国内であっても、キャンプなどで井戸水を利用する際は注意が必要です。
さらに、食品でピロリ菌の感染を予防する事も出来ます。
効果を発揮してくれる食品とは、梅干、緑茶、ココア、ブロッコリースプラウトなどです。
この他、LG21乳酸菌や海藻に含まれているヌルヌルとした成分のフコイダンも、効果を発揮してくれます。
これらはいずれも、抗ピロリ菌効果を持つと言われているので、毎日の食事から摂取すると良いでしょう。

ページの先頭へ