ピロリ菌のことをもっと知ろう!

ピロリ菌を除去するときにアルコール摂取すると失敗する?

ピロリ菌を除去するときにアルコール摂取すると失敗する? ピロリ菌を除去するには薬を服用します。
一次除菌の成功率は約70%で一次除菌でも足りない場合は二次除菌を行います。
二次除菌をすると成功率は90%となります。
ピロリ菌の除菌を成功させるためには薬の服用を忘れずに行なうことは必須ですが、それに加えて除菌の効果を薄れさせてしまうものを控えることが大切です。
薬で除菌する期間に控えるべきものはアルコールです。
アルコールは胃酸の分泌を促す作用があり、除菌薬を服用中には控えます。
アルコール以外にはたばこやコーヒーも除菌の効果を弱める可能性があります。
医師によってはたばこを控えるように指示しない場合もありますが、たばこを吸っている人と吸っていない人では、たばこを吸っていない人のほうが除菌率は高くなります。
コーヒーも胃酸の分泌を促すため除菌効果が薄れ、カフェインレスのコーヒーであっても胃酸の分泌を促すことには変わりないため、除菌期間中のコーヒー摂取は控えることが良い選択です。

ピロリ菌の除去と副作用について

ピロリ菌の除去には、抗生物質を使います。
わずか一週間服用するだけで、7割の確率で除菌できます。
幼少期に感染してから、何十年も胃に住み続けていたピロリ菌を、そのような短期間で簡単に全滅させることができるのですから、たいへんな威力と言えます。
しかし、副作用はそれほどありません。
お腹がゆるくなりがちな体質の人は、激しい下痢をすることもあるようです。
胃の菌を滅菌した薬が、腸内の菌も全滅させたような便が出ます。
しかし、悪玉菌が増えての下痢とはまったく違いますので、腹痛はないようです。
ただ、サラサラでまったく粘り気のない便が出るだけです。
一週間ずっとそういう状態というわけでもなく、服用が終わりかけの時期にそうなることが多いようです。
ですから、体力が落ちることもなく済みます。
他にも個人差はありますが、さまざまな副作用があるという報告はあります。
しかし、概して軽微なもので、深刻な症状とはならないようです。

ページの先頭へ