ピロリ菌のことをもっと知ろう!

胃の中にピロリ菌がいるとどうなる?

胃の中にピロリ菌がいるとどうなる? ピロリ菌は、人の胃の中に持続的に住み続けることができる細菌です。
ピロリ菌に感染している胃では、ほぼ100%の確率でピロリ感染胃炎になります。
この段階では、自覚症状がなくさほど大きな問題もありませんが、このままにしていると萎縮性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こすことがあります。
その一部には、胃がんに進行する可能性が大きいです。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんの9割近くは、ピロリ菌に感染していると言われています。
感染していなければ、ストレスがあっても潰瘍にはなりにくいとされています。
また、ピロリ菌からはアンモニアが産生します。
アンモニアには、胃の粘膜を直接傷つけてしまいます。
アンモニア以外にも胃粘膜に対して有害な毒素や活性酸素を作り出してしまうため、これらが胃粘膜に慢性的な炎症反応を引き起こします。
胃粘膜の表面の細胞に穴を開けて傷を作ったりするだけでなく、細胞の異常な増殖を促すことががんの発生に関与していると考えられます。

ヨーグルトでピロリ菌の除菌治療ができるってホント?

ピロリ菌は胃がんを引き起こす主要因であることが分かっています。
現在ではその除去治療に公的な医療健康保険が適用される条件の範囲が緩和されたことで話題を呼んでいますが、服薬による除菌治療において発疹・かゆみといった副作用を起こす場合も認められており、また約5%の人に除菌の失敗も見られることが分かっています。
服薬によるピロリ菌除去治療の成功率を上げるために、ヨーグルトを活用するという方法があります。
これはどんなヨーグルトでも効果があるわけではなく、LG21(乳酸菌の一つ)が含まれたものに限られます。
LG21は高い殺菌作用を持つラクトバシルス属であり、同じ乳酸菌であるビフィズス菌とは属性が違っています。
ピロリ菌はこの乳酸菌LG21が出す乳酸に弱く、さらに繁殖しようとする居住空間を占領していくため、ピロリ菌が減少、ついには死滅していくこととなります。
また、乳酸菌LG21は胃酸にも強く、胃上皮細胞へ強力に接着することも分かっています。

ページの先頭へ