ピロリ菌のことをもっと知ろう!

ピロリ菌が引き起こす病気

ピロリ菌が引き起こす病気 ピロリ菌が引き起こす病気で有名なものは胃がんですが、実際は慢性胃炎や胃潰瘍の原因菌なのでピロリ菌が胃の中に存在しているからといって胃がんになるわけではありません。
なぜピロリ菌は原因菌として恐れられているのでしょうか。
それは胃の中の胃酸の中で増殖が可能なことがあり、この菌が存在していると炎症が起きやすくなるので慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発してしまうことにあります。
最近なので抗生剤などによって除菌することが可能ですが、まず最初に感染しているかどうかを調べる必要があるので、病院でピロリ菌の検査を受けて、菌を確認してから胃酸の分泌を抑制する薬や抗生剤などを服用して除菌をします。
この菌は食べ物や飲み物から感染するものなので、衛生状態が悪い国などでは感染率が高い傾向があります。
日本では経済状態がいいのであまり感染者が少ないという印象ですが、実は50%以上の人が感染しているとされていて、50歳以上の人では70%以上が保菌者であるとされています。

ピロリ菌除去の際のアレルギー

男性は特に胃腸の弱い方が多いですが、胃に痛みを感じることが繰り返し起こる場合には胃にピロリ菌がいないかを検査することも一つです。
ピロリ菌は胃がんの原因になることもあると言われていますが、現実問題として60歳以上の方の実に7~8割の人が感染していると言われている日本人には関係の深い菌です。
検査には複数種類方法がありますが、尿素呼気試験というものがあり、該当の薬を飲んで吐く息を検査するだけという簡単な方法もあります。
検査の結果菌がいる場合の除去は抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬を1週間継続服用します。
この処置で7~8割除去でき、更に1週間継続することでほぼ100%に近く除去できると言われています。
ただ、副作用に注意する必要があります。
特に服用中は体がかゆくなるなどのアレルギー反応が出ることもあり、これまでに薬の服用でアレルギー反応が出たことがある人は実施時に医師に相談する必要があります。
又服用中に発疹やかゆみが出た場合も、軽く考えずに医師や薬剤師に相談することが賢明です。

ページの先頭へ