ピロリ菌のことをもっと知ろう!

ピロリ菌の除菌中にアルコールは危険

ピロリ菌の除菌中にアルコールは危険 ピロリ菌は胃の粘膜を炎症させ、胃炎や胃潰瘍、悪化すると胃がんの原因にもなることで有名です。
日本でも多くの感染例がありますが、特に感染者が多いのが50才以上で全体の7割から8割を占めています。
口から侵入して感染することは実証されており、一番可能性が高いのが親が子供へ口移しで食事をあげる際などに感染してしまうケースで、胃の中の酸性の働きが弱い幼少期はピロリ菌が胃の中で生き延びてしまうのではないかと考えられます。
ピロリ菌の除菌は、主に抗菌剤など複数の薬を服用する方法で、除菌の成功率は7割と言われています。
失敗した場合、別の抗生剤を服用することで成功率は9割まで上がります。
この服用期間中最も気をつけないといけないのがアルコールの摂取です。
アルコールを摂取すると胃酸の分泌が促され、薬の効果が弱くなります。
また、2回目で服用する薬との相性が非常に悪く、吐き気や腹痛などの副作用も認めれれている程です。
お酒が好きな方には辛い事かもしれませんが、服用期間は短いので休肝日と考えみては如何でしょうか。

胃の痛みの原因はピロリ菌の影響です

胃の不調を訴える人がいますが、その最大の原因として考えられるのがピロリ菌の影響とされています。
普通はそのようなものは胃の中に存在しないのですが、人によって出現することがあるわけです。
疑わしい症状として、慢性的な胃の不調を抱えるタイプにあてはまります。
では、ピロリ菌を持つ人はどうすればよいか疑問ですが、いつも胃に不快な症状を抱えるようにあるならば定期的に胃カメラを行いピロリ菌を除去するようにします。
その処置は胃カメラを行ったとき同時にできるので、別に時間をつくる必要もなく除去するのに痛みや苦痛を伴うこともありません。
気を付けておかなければならないのが、除去したからといってこの先ピロリ菌におかされないとは限らないのです。
また、除去をしないまま過ごしていますと他の病気を引き起こすようにもなります。
特に大きな影響を受けると言われているのが、この世で最も恐れられている胃ガンの発生であり注意を払う必要性が出てきます。

ページの先頭へ