ピロリ菌のことをもっと知ろう!

ピロリ菌は食べ物で減らすことができる?

ピロリ菌は食べ物で減らすことができる? 胃炎や胃潰瘍を引き起こし、胃がんの原因にもなるピロリ菌は、医療機関を受診して専用の除菌薬を処方してもらい取り除くのが最も有効な手段といえますが、保険が適用されるのは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因として考えられる場合などに限定されているので、無症状のときに検査と除菌をすると保険適用外になることも多いようです。
また、除菌薬(抗生物質)を使用しても人によってはうまく効かずに除菌に失敗するケースも少なくないので、無症状の場合には費用をかけて除菌しなくてもよいという医師や専門家の意見もあります。
とはいえ、ピロリ菌は胃がんの原因にもなるので、将来のために何か対策をしておきたいという方も少なくないでしょう。
こうしたときには、除菌効果が期待できる食べ物で対策を行なうというのも一つの手段といえます。
たとえば、最も日本人に身近な飲み物といえる緑茶に含まれるカテキンには抗菌作用があり、ある研究では除菌効果が認められています。
また、昆布やワカメ、もずくなどの海藻の表面のヌルヌルに含まれているフコイダンという成分には、抗菌・抗炎症作用があるといわれており、ピロリ菌の除菌効果も期待されています。
その他にも、ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に含まれるスルフォラファンという成分には、胃の中のピロリ菌の活動を抑える効果があるという研究報告もあるので、胃の不調が気になる方は、これらの飲み物や食べ物を積極的に摂取するのがお勧めです。

ピロリ菌の原因について

ピロリ菌は胃の粘膜に生息する悪い菌のことです。
右巻きにねじれている形で片方の端にべん毛と呼ばれる細長いものが数本ついています。
このピロリ菌が原因で胃や十二指腸などの病気となってしまいます。
大抵子供の頃に感染し、除菌しない限り胃の中に居続けます。
この感染により炎症が起こり、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。
また、大人になってから感染してしまうと激しい胃の痛みが出て来ます。
このピロリ菌がどこから胃に入り込むのかというと、多くの場合は人の口から体内に入ります。
幼児期の胃の中は酸性が弱いため、ピロリ菌が生息しやすい環境になっています。
そのため、感染している親から子供へ食べ物の口移しや同じ箸を使うことは避けることが大切です。
他にも同じ歯ブラシを使ったり、口と口を合わせる行為からも感染を引き起こす原因となるため、感染してしまった場合は直ぐに病院で検査をして症状の悪化を防ぎ病気の発症を食い止めていきます。
感染の大きな原因は衛生環境と言われており、上下水道が十分整備されていなかった戦後などは高い感染率が出ていました。
最近の日本では衛生環境の向上から感染率が低下していますが、他国に行った際などは注意が必要です。

健康になるためのリンク

薬に頼らずピロリ菌対策!最新口コミランキング

ピロリ菌

ここ数年でじわじわと注目され始めたマヌカハニー

マヌカハニーを比べる

アルギニンに関する情報、口コミランキング

アルギニン

ページの先頭へ